低炭素住宅とは?メリットはあるの? vol.1|不動産物件(新築・中古一戸建て・マンション)の朝日土地建物

低炭素住宅とは?メリットはあるの? vol.1

低炭素住宅とは?メリットはあるの? vol1

地球温暖化に対して温室効果ガスの排出量が低い住宅が求められています。低炭素住宅は平成24年12月4日に施行された“都市の低炭素化の促進に関する法律(エコまち法)”に基づいています。エコまち法とは都市の低炭素化を図るために都市機能の集約化、公共交通機関の利用促進、建築物の低炭素化、緑、エネルギーの面的管理、利用の促進など低酸素な街づくりを目指す法律です。

低炭素住宅は、広範囲に渡る低炭素化を実現するエコまち法中の建築物の低炭素化に関する取り組みです。都市部におけるエネルギー消費を削減(低炭素化)し、地球温暖化対策を推進することで地球環境保護することが目的です。わが国の二酸化炭素の総排出量は都市部の家庭と会社などの業務部門からの排出が約50%を占めており家庭における低炭素化も重要です。
低炭素化住宅を新築する場合は、低炭素建築物新築等計画を作成し、所管行政庁の認定を申請し建築物が低炭素化を促進するための基準に適合するときは、計画が認定されます。認定を受けた一定の新築住宅については、税制優遇措置の対象となります。

どのような家が低炭素住宅として認定されるのか?

低炭素住宅の認定基準は外皮の熱性能、即ち住宅の屋根、壁、窓と床下の断熱性能と石油、石炭、水力などの一次エネルギーの消費量の削減にあります。

また、市街化区域区内(都市部)に建てられた建築物が対象になります。以下の基準を満たすことで所管行政庁(都道府県、市または区)に申請を行うことにより低炭素建築物の認定が受けられます。

  • ・省エネルギー基準を超える省エネルギー性能を持つこと、かつ低炭素化に資する措置を講じていること。
  • ・都市の低炭素化の促進に関する基本的な方針に照らし合わせて適切であること。
  • ・資金計画が適切であること。

具体的な認定基準は?

認定を受けるには2つの基準があります。その1つは、省エネ法で定める省エネ基準(平成25年)の一次エネルギー消費量から更に10%を超えること。一次エネルギー消費量とは石油や石炭、天然ガスなどを言い二次エネルギーである電気やガスなどは各々計測単位が異なるため一次エネルギーに換算して消費量を比較できるようにしています。具体的には住宅の天井、床、壁、窓の断熱性能が評価されます。
また、2つ目は選択的な項目として4つの対策分類中の8項目の低炭素化への取り組みの2つ以上を選択し実施することです。以下に4つの対策とその中からの8つの選択的項目について記述します。

(1)節水対策

①節水に資する機器を設置する。

設置する便器、水栓の半数以上に節水措置が取られていること。食器洗い機が設置されていること。

②雨水、井戸水又は雑排水の利用設備を設置している

貯水タンクなどの雨水の再利用装置

(2)エネルギーマネジメント

③HEMS(ホームエネルギー・マネージメント・システム)を設置すること

HEMSとは、電気、ガス、水道などと連携し、使用料を項目単位で把握することができる エネルギー使用の「見える化」を行い。節電対策必要なデータを提供します。

④太陽光等の再生可能エネルギーを利用した発電設備及びそれと連携した定置型の蓄電池を設置すること

(3)ヒートアイランド対策

⑤一定のヒートアイランド対策を講じている。

これは主に大規模マンションやオフィスビルなど住宅以外に講じられる項目で都市部の高温化を低減する対策です。

(4)建築物(躯体)の低炭素化

⑥住宅の劣化の軽減に資する措置を講じている。

劣化対策よって住宅を長寿命化すれば解体時に排出される産業廃棄物の総量が削減でき環境負荷の低減に貢献できる。

⑦木造住宅若しくは木造建築物であること。

木造住宅の材料に由来するCO2排出量は RC造りに比べ約3割程度と言われており、低炭素化に貢献する。

➇高炉セメント又はフライアッシュセメントを構造耐力上主要な部分に使用している。

高炉セメント又はフライアッシュセメントはその製造時のCO2排出量が低く、低炭素化になる。

以上、低炭素住宅の認定を受けるには、省エネ基準を10%超える木造住宅を購入し、HEMSを設置することが一番簡単なように思います。

この記事は2016年10月31日に作成されました。

PAGE TOP↑