仲介手数料3%+6万円の“6万円”とは?|不動産物件(新築・中古一戸建て・マンション)の朝日土地建物

仲介手数料3%+6万円の“6万円”とは?

仲介手数料3%+6万円の“6万円”とは?

仲介手数料は、仲介会社が住宅の取引において買主と売主の間に入って行う意見の取り次ぎや調整、契約へのとりまとめ、事務などを行った手数料のことです。 仲介手数料は、取引が成立した時点で発生する成功報酬です。契約が不成立の場合は、仲介手数料は請求されません。自分で引き受けるべき不動産売買に伴う労力やコスト、リスクが仲介会社を介することで軽減され取引の安全・信頼性が確保できます。また、仲介手数料の計算方法は400万円超の売買価格に置いては「3%+6万円」として知られています。以下に「3%+6万円」の“6万円”の意味をわかりやすくご説明します。

1. 売買の媒介報酬額(仲介手数料額)

宅建業法の規定に基づき、国土交通大臣が定める告示により、次の表の額が限度額として定まっています。

売買価格 仲介手数料(報酬限度額速算計算)
400万円超 売買価格の3%+6万円
200万円超〜400万円以下 売買価格の4%+2万円
200万円以下 売買価格の5%

※仲介手数料は課税対象なので別途消費税がかかります。

例えば1000万の土地を購入した場合は400万以上なので仲介手数料は上記表のの速算計算によって、1000万×3%+6万円=30万+6万=36万になります。
また、400万丁度の土地を購入した場合は400万以下なのでを使って400万×4%+2万円=16万+2万=18万になります。
更に200万丁度の土地の購入ではを使って200万×5%=10万円となります。

2.本来の計算方法での手数料計算

宅建業法では、上記のように売買価格のうち200万円までは5%、200万円から400万円までは4%、400万円を超える部分は3%と手数料の限度額は段階的に決められています。売買価格が400万円を超える場合は手数料の限度額は3%で計算して6万円を足せば400万円以下の料率を個別に計算する必要はなく、「3%+6万円」として即座に計算することができます。以下に例として1000万円の土地を購入した場合の仲介手数料の計算を本来の計算方法で説明し、“3%+6万円”の根拠をご説明します。

まず、1000万土地を200万円以下の部分、200万円超〜400万円以下の部分、400万円超の部分に分けてそれぞれ計算します。

1000万(土地)

(1)200万円以下の部分を計算します

1000万円土地のの200万円の部分の計算(5%)をします

200万円迄の部分なので5%を掛けます。
200万円×5%=10万円
これは200万×3%+4万円(2%)=10万円の計算と同じ結果になります。

(2)200万円超〜400万円以下の部分を計算します

1000万円の土地の200万円を超え400万円以下の②200万部分(4%)を計算します。

の200万に4%を掛けます。
200万×4%=8万円
これは200万×3%+2万円(1%)=8万円の計算と同じ結果です。

(3)400万超の残りの部分を計算します。

1000万の土地の残りの③の600万の部分(3%)を計算します。

残りの600万円に対し3%を掛けます。
600万×3%=18万円

(4)計算結果を合計し、仲介手数料の総額を求めます。

(1)から(3)の結果を合計すれば土地1000万の仲介手数料は36万円となります。

1000万(土地)

(1)10万円+(2)8万円+(3)18万=36万円が仲介手数料です。
これは、「1.売買の仲介手数額」でご説明しました速算計算(3%+6万円)による1000万の土地の仲介手数料の計算結果の36万と同じ結果になります。

因みに1000万に3%を掛けると30万となり6万足りません。 1000万×3%=30万円→6万円足りない
実はこの6万が“3%+6万円”の6万円根拠です。 この6万円の意味は200万円までの5%に対する2%分の金額の4万円と200万以上~400万までの1%分の2万円が考慮されていないので6万円が足りないのです。従って、3%で計算した額に6万円を足しているのです。

3%+6万円の「6万円」の意味とは

400万円以上の売買価格の仲介手数料を求めるには常に売買価格に3%を掛けて6万円を足せば簡便に速算できます。この6万円の意味は200万円までの5%に対する2%分の金額の4万円と200万以上~400万までの1%分の2万円を足したもので6万円となっています。従って6万円は400万円以下の部分の料率の違いで発生する金額を調整するものです。3%+6万円の計算は、各々の料率を分けて計算し、その結果を合計するよりも簡便に速算でき便利です。以上+6万円の意味がお分かりいただけたと思います。

この記事は2018年2月12日に作成されました。

PAGE TOP↑